カジノの儲け、いくらまでなら税金を支払わずに済む?

カジノから持ち帰ることができる金額は、賞金額によって異なります。税金を支払うことなく全額を獲得できる場合もあります。アメリカのような国では、たいていのカジノでは1日にかなりの額の賞金を稼いだ場合のみ課税対象となります。例えば、テーブルで勝った金額が1,200ドルに満たない場合はIRS用紙への記入を求められることはなく、カジノがその金額をどこかに申告することもありません。また1,200ドル以下では、W-2Gと呼ばれる収入明細が作成されることはまずありません。カジノのテーブルでは1,200ドル以上の賞金を獲得した場合のみ、IRS用紙への署名が求められます。この場合、獲得額の9%近くが税金として差し引かれます。国のどこかで1万ドル以上を引き出している場合、カジノはその額を直ちに政府に報告します。正規のカジノでは、年末に勝敗明細を発行しています。明細にはプレイヤーの勝敗記録が記載されています。ギャンブルで勝った額と負けた額を相殺することも認められています。課税対象となるくらい大当たりが出た場合は、年末までにそのカジノが勝敗明細を発行してくれるかどうか確認してください。

‌ギャンブルで勝ち越した場合、IRSに所得報告が義務付けられる金額は以下の通りです。

  • 競馬:600ドル以上勝った場合
  • スロットマシンやビンゴゲーム:1,200ドル以上勝った場合
  • キノ:1,500ドル以上勝った場合
  • ポーカー・トーナメント:5,000ドル以上勝った場合

‌カジノのギャンブルで上記金額を獲得したら、ソーシャルセキュリティ番号を支払者に伝え、IRSフォームのW2-Gと呼ばれる用紙に記入し、獲得額を全額報告しなければなりません。ほとんどの場合、カジノはIRSのギャンブル税として獲得額の25%を徴収し、残りの金額を支払います。

‌バカラ、ルーレット、ブラックジャック、クラップスなどのテーブルで勝った場合、W2-G用紙に記入する必要はありません。これらのテーブルゲームでは用紙への記入は不要です。

‌しかし用紙に記入する必要がないからといって、税金が免除されるわけではありません。カジノのギャンブルで勝った場合、必ずIRSに報告しなければなりません。

‌税務申告の際には、負けた分を差し引いた額を申告し、純利益ゼロの証明書を提出することも可能です。ギャンブルで勝った額と仕事の収入を足した額が合計収入となります。合計収入に記載される、または含まれる損失額は免除対象です。正確な税務アドバイスが必要な場合は、税務および法律の専門家に相談することをお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *